読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アホ男子めざせバカロレア

息子は2009年生まれの小学生。将来は世界に羽ばたいていってもらうべく日々奮闘中(母が)。

小1・1月 Scholastic Success With Grammar Grade1 終了

 Scholastic Success With Grammar Grade1 の学習が終了しました。

Scholastic Success With Grammar, Grade 1 (Scholastic Success with Workbooks: Grammar)

Scholastic Success With Grammar, Grade 1 (Scholastic Success with Workbooks: Grammar)

 

 息子の英語力をどうにかしたかったので、日本人らしく?Grammarから取り組んでみようかなと思いついてやらせてみた1冊。

 

予想通り、結構すんなりわかってくれ、問題も簡単だし、さくさく進めていました。

予定よりも早く終わったのもわかりやすくて簡単だったからだと思います。

 

内容的には、以下の通り。

・大文字とピリオドの使い方

簡単な単語並び替え問題

主語・動詞

平叙文/疑問文/感嘆文

単数形/複数形

be動詞

 

大文字の使い方にかなりのページ数が割かれていて、単数形/複数形、be動詞が少しだけだったのが不満でしたが、Grade2の内容に期待です。

この問題集はすごく良かったので、Grade2も2年生の早い時期にやらせたいと思っています。

 

【この問題集について】

◇選んだ理由

英文法を英語で教えてくれるGrade1向けのドリルだから

◇目的

→英語の苦手意識がある息子に、文法を系統的に教えて、わかる感覚を増やしたい

◇効果

→このドリルが音読の次に一番好き!と息子が言っていたので、わかりやすかった様子

→私自身も、「be動詞ってlinked verbっていうんだ・・・」(linked verbと呼ばれるのはbeだけではないようですがなど、英語で作られている問題集ならではの用語を色々知ることができて良かった

◇難易度

→英語を1年ぐらい習っているお子様に。アルファベットとフォニックスができれば未就学児でもOKな問題集だと思う

◇質や量など

→薄くて材質のあまりよくない紙質がドリルにはぴったり

→コストパフォーマンスはまあまあ高めだと思う

→選択問題で、正解の選択肢が存在しないものがひとつあった(笑)