読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アホ男子めざせバカロレア

息子は2009年生まれの小学生。将来は世界に羽ばたいていってもらうべく日々奮闘中(母が)。

はじめての論理国語 小1・2レベルの解説

息子の春休み中に、自分がやろうと思っていたことのひとつに、「出口先生の論理国語シリーズの解説を読む」というものがあり、いままで購入した出口先生のシリーズの解説をそれぞれ読んでみました。

その中でも、「はじめての論理国語」の解説が素晴らしく、読みやすくまとまっていまして、今後も役立ちそうです。

 

はじめての論理国語 小1レベル

はじめての論理国語 小1レベル

 
はじめての論理国語 小2レベル

はじめての論理国語 小2レベル

 

 

主語と述語から始まる文の構成理解、指示語や接続語などからの文の読み取り、説明文や物語文の読解、クリティカル・シンキングのトレーニングまで、該当の学年でどの程度の力があれば良いか、解説されています。

 

日本語論理トレーニングシリーズも解説は充実していましたが、各学年3冊ありますし、あまりまとまっていなかったので、解説ははじめての論理国語の1冊で迷いなく学習指導できそうです。

はじめての論理国語の問題集に取り組むときにはもちろんですが、他の問題集に関しても、「あ、これは因果関係の問題だな」「これは指示語の問題だな」と親が明確に認識することで、こどもにも教えやすいと思います。

このシリーズは小4レベルまでしか販売されていないようなのですが、早く小6まで出てほしいです!