読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アホ男子めざせバカロレア

息子は2009年生まれの小学生。将来は世界に羽ばたいていってもらうべく日々奮闘中(母が)。

小2・4月 算数だいすきプリント2年生 終了

予習として取り組んでいた、算数だいすきプリント 小学2年生の学習が終わりました。

算数だいすきプリント 小学2年生

算数だいすきプリント 小学2年生

 

とてもわかりやすいテキストなので、思ったよりもつまずきが少なく、予定より1ヶ月ほど前倒しで終えることが出来ました。

 

息子はまだ2割ほどしか九九を覚えていませんので、

掛け算の問題は足し算の繰り返しで答えを編み出していました( ̄∇ ̄)

 

一通りやらせてみて、一番苦手だと判明したのは、長さの単元とかさの単元。

普通の足し算、引き算なのに、なぜ単位が絡むと途端に計算不能になるのでしょう。

 

この問題集はやっぱりわかりやすく、導入にとても向いていると思うので、3年のときも予習に使いたいと思います。

例えば、かけざんは概念からきっちり記載されており、1の段ではなく2の段と5の段から説明されていて、こどもにはわかりやすいなと思いました。

教科書や他の問題集でも、その順序なのでしょうか。確認してみます。

 

【この問題集について】

◇選んだ理由

→同じ問題集の1年生版がとてもわかりやすくて、最初の導入に良いと思ったので

◇目的

→2年生算数の予習、導入

◇効果

→息子にとって初めて扱う単元ばかりだが、生活の中で使っている概念から説明しやすい作りになっているので、すんなり理解できた模様

→ここは苦手そうだからフォローが必要、ここは演習量が足りていない、などの単元の洗い出しもできた

◇難易度

→難易度は低めなので、予習にちょうど良い

◇質や量など

→とてもわかりやすくて良いのだが、難易度や演習量は十分ではないので、ほかのドリルで補う必要あり