読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アホ男子めざせバカロレア

息子は2009年生まれの小学生。将来は世界に羽ばたいていってもらうべく日々奮闘中(母が)。

小1・2月 上級算数習熟プリント 小学1年生 終了

小1 さんすう 算数

 上級算数習熟プリント 小学1年生の学習が終了しました。

上級算数習熟プリント 小学1年生―教科書改訂に対応 (上達シリーズ)

上級算数習熟プリント 小学1年生―教科書改訂に対応 (上達シリーズ)

 

1年生の算数を一通りやらせてみて、息子の弱点洗い出しができました。

 

文章題読解は1年生の標準レベルなら問題なさそうです。

問題をよく読まずに間違えることもあるので、そこは注意して取り組むように指導しました。

また、答えの単位付けが苦手なようなので、別途フォローが必要かなと思います。

 

計算は、常に正答率が98パーセント。50問に1題は必ず間違えますので、決して出来は良くありません。

どうにか正答率を上げたいと思うのですが…。

正答率が50パーセント、70パーセントの場合は理解が足りないということなので、対策の取りようがあるのですが、息子は理解はしているもののケアレスミスが多いようなので、あとはトレーニングしかなさそうです。

毎日車の中で対向車の車のナンバーを使って計算させることにしました。

 

また、私が勝手に苦手だと思っていた時計に関しては、意外と問題なしでホッとしました。

 

この問題集は思ったよりも良かったし、フォントの種類や、数量感覚にタイルを多用している点などが、算数大好きプリントに似ていて親和性が高いので、2年生では早めの段階、算数大好きプリントの次あたりに使用したいと思っています。

 

【この問題集について】

◇選んだ理由

→難易度が高くなさそうで基本的な問題が中心の問題集なので

◇目的

→1年生の算数の復習

◇効果

→1年生の復習がしっかり出来た。基礎的な部分は理解していることを確認出来た。

◇難易度

→易しい問題が多く、ストレスなくしっかり学習出来る

◇質や量など

→問題集のサイズが大きく(B5)、こどもには使いやすそうだが持ち運びには不向き。

→計算問題、文章題、バランスよく入っており、質も量もちょうどよかった。